部長挨拶

政治学研究部 部長
 はじめまして。政治学研究部の部長を勤めさせていただいている者です。
私がこの部の代表を勤めさせていただくのは、大変光栄なことであり、同時に恐縮なことでもあります。しかし、なったからには歴代の先輩方の偉大さに畏敬の念を払いつつも、この部を今年より来年、来年より再来年と、より良くしていこうと思っております。もちろんそれは部員一同が共有している意識でもあります。

 何を書こうか迷ったのですが、ここには部の紹介の補足的なものを書かせていただこうかなと思います。

 「政治学研究部」と聞けば、「分かりにくい」、「難しそう」、「自分には関係あるのか分からない」、そう思う方は無論多いでしょう。しかし、それは政治学を研究している私達にとってはむしろ当たり前だともいえます。だって「学問」ですから、大の大人が生涯かけて研究する代物なわけですから、簡単であっては困りますし、ニュースの知識の寄せ集めでは困るのです。では難しい「学問」を研究する政治学研究部の部員は皆、将来、政治学者や政治家にでもなりたいのでしょうか?それは違います。それぞれの興味に惹かれてこの部で活動しているだけなのです。

 私は、この学生時代に、何か打ち込むことが必要だと考えています。それはスポーツでも良いし、ボランティアでも構いません。バイトと授業のみに追われる学園生活も良いかもしれません。でも、せっかく苦労して「大学」なる仰々しい教育機関に入ったのですから、ちょっとばかり、インテリぶったことをしても良いのではないでしょうか。
そうして4年間勉強して身についたことは、たとえその後の人生で直接生かされなくても無駄なものではありません。胸を張って「私は学生時代に○○をした!!」ということが出来るのです。

 さて、このHPをわざわざ見てくれた方々ですから、もう政治学研究部に片足を突っ込んでいるようなものでしょう。あとは部室に来ていただいて、ご自身の目で見て考えてみてください。

「この部は一瞬でも自分が一生懸命になる価値のある部であろうか」と…。

政研を知るために過去のレジュメを見てみよう!

↑ ページの上部へ

SIDE MENU

メールアドレス

kuseiken@gmail.com
"@"を半角に変えて送信してください。
※返信に数日かかることがあります。

inserted by FC2 system